〒655-0893 神戸市垂水区日向2丁目1-4-102

お問い合わせはこちら TEL:078-708-1232

神戸市垂水区 かんの整形外科 スポーツ外傷・手首・腰・膝・など治療

診療案内

HOME»  診療案内

健康相談(整形外科的)

整形外科とは、運動器官の病気や外傷の診断をし治療を行う診療科です。
運動器官には、手足はもちろんそれを動かす神経や脊椎まで含まれます。

  • 肩こり・腰痛・五十肩・手足の痛みやケガ
  • 野球・テニス・ゴルフなどスポーツによる肘や膝の痛み
  • 肥満や加齢による股関節や膝関節の痛み

これらについて、X線撮影をはじめとした医学的なアプローチで診断し、何をどうすれば良くなるかを患者様と一緒に考えます。

リウマチ科

院長は、日本リウマチ学会の専門医でもあります。
早期診断、早期治療で、今やほとんどのリウマチは治療できるようになっています。また、既に発症後長期になる患者様に対しても、その段階に応じた対処方法を考え、ADL(日常生活)改善のお手伝いをさせて頂きます。

リハビリテーション科

リハビリテーションとは、何らかのダメージを受けて、機能障害をおこしている人が、元の状態にもどるためにする機能訓練です。骨折や捻挫などの外傷後だけではなく、内科的な病気で入院していて、体力が落ちてしまった人にも適応があります。
基本的には、本人が日々、日常生活の中で行うべきものですが、私達はそのヒントをお教えし、改善の経過を見守っていきます。

詳しくはこちら

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の中身が少なくなり、もろくなって、骨折し易くなる状態です。近年の高齢化で、骨粗しょう症の患者数は増え続け、骨粗しょう症で骨折する方も増えています。
骨粗しょう症の診断には、DXAが推奨されており、当クリニックでも測定できます。また、骨組織が現在どんどん吸収されて、減っていっているのかどうかについては、血液検査が有効です。骨粗しょう症の治療薬には、いろいろな薬剤があり、内服薬以外にも注射薬も数多く開発されています。検査の結果で、この患者様には、どの薬剤を使用すれば一番効果的かを考え、治療を行います。

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは運動器症候群のことで、運動器は脊椎から手足までの運動をつかさどるものすべてが対象となり、それらの障害です。
原因には、大きく分けて、「運動器自体の疾患」と、「加齢による運動器機能不全」があります。

1.運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)

手足の関節運動障害。変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などの脊椎由来の症状。関節リウマチなどの痛みや関節可動域制限。これらにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたします。

2.加齢による運動器機能不全

加齢により、身体機能は衰えます。筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがおこります。「閉じこもり」などで、運動不足になると、「筋力やバランス能力の低下」などが起こり、容易に転倒しやすくなります。

ロコモティブシンドロームを放置すると、ねたきりになったり、介護が必要な状態になってしまいます。
予防や、早期発見・早期治療が重要です。効果的な予防方法をお教えします。

PAGE TOP